ADVEN BBS

荒らし対策マニュアル

掲示板荒らしとは

掲示板荒らしとは、匿名で掲示板の参加者へ誹謗中傷したり、無意味な文字列を連続したりして掲示板の運営を妨げる行為です。
掲示板を運営する以上、いつ掲示板荒らしがやってくるかわかりません。ADVEN BBSでは掲示板荒らしを防ぐための機能を数多く備えているので、効果的に利用することにより、掲示板荒らしによる被害を最小限に抑えることができます。
なお、スパム対策については、こちらをご覧ください。

荒らし対策の基本

掲示板荒らしへの基本的な対策は、無視&削除です。ついやってしまいがちですが、荒らしへの対しての警告や暴力的な言葉は意味ありません。それどころか、荒らしがエスカレートする可能性が高くなりますので、絶対に行わないようにしましょう。特に荒らしへ対する挑発的行為は厳禁で、結果的に自分自身が掲示板を荒していることにもなりかねません。
荒らしは無視されることを一番嫌います。荒らしの発言は、削除して無視する。これが基本です。

ホスト名・IPアドレスによる規制

荒らしのホスト名・IPアドレスを調べる

しかし、掲示板管理者であっても常に発言を削除できる環境にあるわけではありません。また、無視しててもしつこく荒らし書き込みを行う粘着質な人もいます。そのような時に効果的なのが、ホスト名やIPアドレスでアクセスを制限することです。
まずは、管理者メニューの「記事」で、荒らし書き込みをする人のホスト名を確認しましょう。

ホスト名・IPアドレス

赤枠で囲った場所が「ホスト名」です。ホスト名ではなく、「219.97.93.88」というように4つの数字がピリオドで区切ら表示されることもあり、これを「IPアドレス」と呼びます。
すべての書き込みには、ホスト名かIPアドレスのいずれかが表示されるので、これを利用することでアクセス制限をすることができます。

ホスト名の最初のピリオドまでを省略して入力

仮に、アクセス制限したい人の書き込みのホスト名が

nttkyo101088.tkyo.nt.adsl.ppp.infoweb.ne.jp

だったとします。
ホスト名を確認したら、管理者設定の「アクセス制限」にある「拒否ホスト」に入力すれば、次回から「nttkyo101088.tkyo.nt.adsl.ppp.infoweb.ne.jp」というホストからはアクセスできなくなります。

しかし、この方法では、荒らしが一度インターネットを切断して再接続すると、効果がなくなってしまいます。なぜならば、「nttkyo101088.tkyo.nt.adsl.ppp.infoweb.ne.jp」の最初のピリオドまでの「nttkyo101088」までは、接続するたびに変わってしまうからです。
そこで、最初のピリオドまでは省略し、「tkyo.nt.adsl.ppp.infoweb.ne.jp」をアクセス制限の「ホスト名」に入力しましょう。これで、再接続しても荒らしはアクセスすることができなくなります。

ホスト制限の注意

ホストで制限した場合、同じホストを利用しているユーザーもアクセスできなくなってしまいます。特にYahoo!BBの場合は、ホスト名で制限するとすべてのYahoo!BBユーザーを制限することになるので注意してください。

プロキシ経由の書き込みを防ぐ

プロキシとはプロキシ(プロクシ)サーバのことで、一般に公開されているプロキシを使うことにより、ホスト名を隠すことができます。
プロキシは、インターネットのキャッシュを効率よく使うことで、高速にWEBへアクセスできる技術ですが、荒らしが身元を隠すときにも利用されることがあります。
プロキシを利用されると、ホスト名によるアクセス制限を行っていてもアクセスできるようになってしまいます。そこで、ADVEN BBSに用意されている管理者設定の「アクセス制限」→「プロキシ経由の制限」にて、プロキシのアクセス・書き込みを制限しましょう。ADVEN BBSでは、書き込みだけ制限、読み書きを制限と2段階に設定することが可能です。

プロキシ制限の注意

一部、CATVなどのプロバイダや会社などは、プロキシ経由でのアクセスが標準となっています。そのため、プロキシ制限を行うとこれらユーザーのアクセスもできなくなってしまう可能性があります。

ホスト名を取得できない場合の制限

プロキシ経由の書き込みを防ぐ方法は強力ですが、アクセス制限したくない人までアクセス制限してしまう可能性があります。そこで、ホスト名の取得できないサイトを制限してみましょう。通常のユーザーに関してはほとんどホスト名の取得できますので、「投稿のみ制限」の設定はおすすめです。

投稿間隔の調整で荒らしを防ぐ

無意味な文字列を連続して書き込む荒らしには、制限投稿間隔を増やすことで対応できます。初期状態では30秒になっていますが、これを60秒や120秒にするだけでも大きな効果が期待できるでしょう。「アクセス制限」→「制限投稿間隔(秒数)」にて設定が可能性です。

禁止ワードで自動書き込みを防ぐ

悪質な広告業者によっては、掲示板自動書き込みプログラムを使って宣伝を書込むところもあります。これを防ぐには禁止ワードが有効です。
おすすめの禁止ワードは「無料」「動画」「儲かる」などです。URLアドレスの入力を禁止したい場合は「http://」と入れると良いでしょう。

なお、手動でのアクセス対策としては禁止ワードの効果はあまりありません。従って、公序良俗に反する言葉を大量に入力する行為はおすすめできません。あくまで、削除とホスト名による制限をご利用下さい。

携帯電話からの荒らしを防止

携帯電話からの書き込みは匿名性が非常に高く、身元を確認することは難しくなります。基本的な対策は、機種名を「拒否ホスト」に追加することですが、この方法ですと同じ機種を使っているすべてのユーザーが拒否されてしまいます。そこで、あまりにも荒らしがひどい場合には「携帯からの投稿で固有情報を要求」を使ってみましょう。
固有情報とは携帯端末1つ1つで異なる情報で、携帯のバッテリを外したところで確認することができます。固有情報を取得しておけば、荒らしをしている特定のユーザーのみ制限できるようになります。
ただし、固有情報を取得する設定にすると、書き込みするたびに「携帯電話情報通知しますか?」という旨のメッセージが表示されるようになりますので注意してください。

固有情報は
DoCoMoの場合が
DoCoMo/2.0 N900iS(c100;TB;W24H12;ser350243002227638;icc8981100000331253167F)

EZ-Webの場合が
HI3202001012567890_vc.ezweb.ne.jp

という感じで表示されます(架空のアドレスです)。ホスト名でアクセス制限する場合は、すべて入力する必要はなく、iモードであればserのあと、「350243002227638」、EZ-Webであれば最初の4桁以降の数字部分「02001012567890」を入れておけばOKです。

なお、固有情報を得ても個人情報がわかるわけではありません。

一部ユーザーだけが書き込みできるようにする

ある意味、究極ともいえるアクセス対策が、パスワードを知っている人しか書き込めないようにすることです。「アクセス制限」の「投稿認証パスワード」を設定すれば、投稿時の「暗証キー」に投稿用パスワードを入力した人しか書き込めないようになります。パスワードは半角スペースで区切ることにより複数設定することが可能です。また、管理者パスワードでも書込むことが出来ます。

知らない人に掲示板にアクセスされないようにしたい

まったくの第三者があなたの掲示板を訪れる可能性は3つあります。
  1. トップページからのリンクを辿ってくる
  2. 検索エンジンで検索される
  3. 掲示板に書いたURLがアクセス解析されて、リンク先からやってくる
このうち、1.は掲示板にリンクを張らなければ問題ありません。2.についてもリンクを張らなければ大丈夫ですが、一度リンクを張ってしまった場合はロボットに見つかってしまう可能性があるので、「ロボット検索対策」で「検索不可タグ挿入」の設定をしておきましょう。
3.に関しては、「アクセス解析ブロック」の設定をすれば、一度別のページを経由してからリンク先に飛ぶので掲示板のURLアドレスを知られる心配がなくなります。

戻る
(C)アドベンプロダクツ
2004/5/18
2004/7/15加筆